副業と言う後ろめたさがある

どうも、まるきちです。

 

いやぁ、暑いですね。

 

こう言う暑い季節は

ビールやコーラやガリガリ君が

美味しく頂けるように

神様が準備してくれているのでしょう。

 

(真冬に読んでいたらゴメンナサイ)

 

--------------------

 

さて、副業はなんで

後ろめたいのだろう?と言う話し。

 

・ 本業がある

・(結婚してたら)奥様がパートにでる。

・「今月も赤字だわ~(のび太のママ)」

 

⇒ もう人生の大半を
  お金に振り回されてませんか?

 

だったらもっと収入の上げることに

フォーカスしても良いのでは?

 

昭和な会社は未だに副業は禁止かも知れません。

ただそんな会社もある日突然、

「副業おk」

なんて言ってくると思います。

 

なぜかって1企業が1個人を

見れなくなってるからです。

  ※この話はまた後日

 

よし、その時が来たら副業するぜ←

 

例えば3歳から6歳まで

補助輪自転車で遊んでいた子が

突然、補助輪外されてしまったら

走るどころか下手すると またぐ事も出来ません。

 

あなたが考えていることは

それと全く同じこと

「副業なんて簡単に始められる」

こんな危険な思考があるうちは

絶対に続きません。

 

 

 

話を戻します。

 

・会社に禁止されている

・世間体として副業は恥ずかしい。

・親にも友達に言えない、後ろめたさ。

 

それでも腹は減る

 

本業=働くのは国民の義務
(お國の為に沢山納税するぞ!)

パート=不足分を補う
{これが無くてもなんとか出来る?)

副業=グレーなイメージ
(何をして良いかわからない)
(アルバイトも禁止されている)
(近所の人や友達に知られると恥ずかしい)

 

こうやって考えると

奥さんがやっているパートと

限りなく近いのかな?と思います。

 

確かにあなたが深夜のコンビニでレジ打ちしてる時、

近所の親父がエロ本買いに来たら

それはお互いに気まずいですよね。

 

会社帰りにカラオケ屋のバイトに入ったら

学生時代の友達とたまたま遭遇

「◯◯さん、フリーターなんだ」

「違う違う、本業は別にあるんだよぉぉぉおー」

 

・・・・・。

 

副業は後ろめたいんですよ、

 

日本の風土がそうさせているのかも知れません。

でも、

こんなに不倫が盛り上がっている民族も無いような…。
(絶賛、脱線中)

 

--------------------

 

今日のまとめ

1、副業はある日、突然出来ない。

2、副業は恥ずかしくない

3、ただ、やる副業によっては恥ずかしい。

 

でも、副業しましょう。

なぜなら今の本業のままでは

あなたの給料はもう増えることはありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA