己の身の丈を知る

どうも、まるきちです。

 

今日はちょっとビジネスとは違うお話を。

 

新卒入社1年目とか2年目の若年次の方って

夢と希望と自分の可能性を

かなり過信している と思います。

 

「こんなんでいいのだろうか」

「自分はもっと向いている仕事がある」

「思っていたのと違う」

 

誰もが通る道ですし、

何年たってもそう思いながら

現状に流されている人も多いことでしょう。

 

情報発信する人って(あ、私もです)

良く自己紹介をします。

 

自己紹介が慣れている人って

セミナーとか多くやられている人なんだな

なんて思うのですが、

この自己紹介。

 

自分を過大評価した結果論報告 になってませんか?

 

たまにみるのは所謂威厳性を高める為に

大手企業や大物人物の名前を乱発している人。

 

いやいや、あなたが居たところに

その有名人がいたとしても

あなたは有名じゃありませんから…

 

なんて思う反面、

『あの◯◯さんと知り合い?!スゲー』

って思うってしまうのが、日本人の性。

 

自分の権威を高めるために

よく使われるのがわかります。

 

もし本業でも、副業(ネットビジネス)でも

学生でもコミュニティーでも

御自身の自己紹介を一度作ってみることをオススメします。

 

 

自己紹介が終わったらすること

 

それで次に必要なのは

その自分で作った自己紹介なんて丸めてポイしてもらって

自分が他人にどう見られているかを

まとめてもらいたいと思います。

 

自己紹介何ていうのは

ただのヒストリーだと思いますが、

 

あなたがどんな人か

どんな人がファンにいるのか

あなたがどう見られているのか

 

正直、あなたがどう見られたいか

どんな人生を歩んできたかなんて

これからのファンには全く意味がありません。

 

自分がどう見られているかを

客観的に自己紹介の一部として

とりまとめて行くとより一層

自分の見せ方がわかるかと思いますよ。

 

結局、自分が思っているような人に

他人からは見られていない。

自分はまだまだこれから!

なんて思っていても

実はまだまだそこまで到達していない・・・。

 

なんだか新入社員とかと変わらない思考なのは

若年次だけではないのですね。

 

今回も最後までお読み頂きまして

誠に有難うございます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

まるきち公式メルマガ 登録をお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA