カテゴリー別アーカイブ: ヤフオク

ヤフオクでの副業は基本中の基本です。

ヤフーショッピング 出品申請 途中経過

MIH83 / Pixabay

 

どうも、まるきちです。

 

何度もYahoo!からの電話が取れず、

出品申請が非承認ばかりでしたが

なんとか2018年2月に申請が通りました

 

これ、

 

当たり前って言えば

当たり前なんですけれど

 

『申請しておいて

 電話がつながらない販売者なんて

 信用おけるかボケ!!』

 

こう言う意味ですよね。

 

正直1回目の申請は

絶対にYahoo!のミスで連絡漏れだったのですが、

(昨年末に物凄い出品依頼を受けたらしいです。)

 

2回目、3回目の非承認に関しては

 

・登録番号に電話しても出ない。

・”都合の良い日を教えろ” とメールが来たが返信しない。

 

この2点が上げられます。

 

そこで、

僕の取った作戦は

 

・登録する電話番号を変える

 

と言う作戦を実は

3回目の申請時に挑戦しました。

 

050から始まるIP電話サービスに申し込み、

自宅に電話が行かないようにしたのです。

これなら全て携帯電話に連絡が来るハズ…。

 

が、

 

結局のところ、

ヤフービジネスIDに登録した

番号に掛けて来たようなので結果は同じ…。

 

4回目の挑戦時には

 

・転送電話サービスに申し込む

 

この作戦にしました。

 

自宅の電話は

KDDIの auひかり なんですけど、

これの電話オプションサービスに

転送電話サービスが1月500円で出来るとの事。

 

電話で申し込みしたら

その場で開通してくれました。

※初月無料です!!!

 

auひかりキャンペーンの詳細をみる

 

これであっさり解決した、、

と思われましたが

 

最初の確認電話(青森県)から

承認のメールが来て数日後、

 

今度は都内のYahooショップ

出品担当様から電話が来ました。

 

それによると

 

・昨年末から”何かのツールで大量出品”

 されてる出品者が多いがこれは排除したい。

 

・Amazon経験者には出品では無く

 出店だと説明している。

 

・1ヶ月以内に仮出店していただき

 審査するのでお早めに。

 

おおお、

 

これは恐らく昨年末に

Amazonで真贋で刺された人たちが

一斉にヤフショになだれ込んだのでしょう。

 

しかし、気になるのが

大量出品をヤフショは今後、

取締をするといったところ。

 

今後出品する際にも

何でもかんでも出品して数を稼ぐ手法は

ヤフショでは止めておいたほうが良さそうです。

 

 

副業(失敗談)をメルマガにて配信中!

*メールアドレス

副業するなら個人事業主 届け出した方が良い?悪い?

 

ArtsyBee / Pixabay

 

どうも、副業家 まるきちです。

 

突然ですがネットビジネス等 副業やられている方

 

税金はキチンとお支払頂いてますか?

 

こういう話って意外とネットビジネス仲間でも

しなかったり、聞かなかったり…

 

でも、そのくせ キチンと仕入伝票とかの

管理している人って意外と少なかったり・・・

 

 

僕の知人で国内転売で

Amazonぶん回している人がいるんですが、

 

「消費税どうよ」

って聞いたら

 

『え? Amazonが払ってくれてるんじゃないの?』

 

って言ってきました。。

 

 

嗚呼、それヤバイやつだよって言いましたw

 

Amazonが搾取(言い方アレですけど)してるのは

あくまで手数料とか手数料とか手数料。

それ以外はFBA関連だけだと思います。

 

月に100万円以上軽く売っている彼は

年間で1,200万円は行くわけです。

 

その内、お客様からお預かりしている

消費税額が8%計算で96万円

 

この96万円は利益じゃないですから!

 

まぁ税金って色々優遇されることありますから

2年間支払いしないでOKとかね、

それぞれに合った方法は調べておいた方が良いです。

 

 

あとは利益率低くて経費ばっかり掛かっている人も注意です。
 ※売り方として外注を多く使っている人に多いです。

 

『うちは全然儲かってないからー』

 

でもですよ、

税務署が調べるのはあくまで販売額です。

 

転売者がドヤ顔で売上キャプチャーあげてますけど

あれを見たら

 

『今月300万円 × 12ヶ月で 3,600万円ですか そうですか^^』
     (ニコニコしながらマルサが来ますよ♪)

 

サラリーマンが副業しても

経費差っ引いて20万円以下の利益なら


確定申告しなくても良い
んですけど、

 

流石に月に100万円以上売り上げたら

年間20万円って…

よっぽど酷い経費管理だと思いませんか?

 

会社だったらとっくに潰れてます。

 

 

ですから、

 

Amazonにしても

メルカリにしても

もちろんヤフオクも

 

『そんなに儲かってないよ!』

 

って言えるだけの

経費や伝票を帳簿上で控えておかないと

 

いつマルサが来てもおかしくないわけです。

 

あ、マルサが来る時はガチで調べてから来るので

追徴課税は絶対ヤバイ事になります。

 

まだまだネットビジネス初心者で

 

『僕はまだまだ稼げません』

 

なんて言っている暇があったら

とっとと個人事業主の届け出を出して

 

稼がないと恥ずかしいぜ 俺

 

って言うマインドセットを作った方が

逆に作業がはかどるかも知れませんよ?

 

 

今回も最後までお読み頂きまして、

誠にありがとうございます!

 

副業家 まるきちのメルマガ登録はこちら

*メールアドレス

送料を安くする方法

こんばんは まるきちです。

 

今日は物販をされる方が

いつも負担がかかる送料についてのお話です。

 

大きく分けて

・日本郵便を使った発送

・宅急便を使った発送

 

この2つかな?って感じなんですけど

如何でしょうか?

 

「おれは はこBOONだぜ」

「わたしはメルカリ便よ!」

 

なんて人も安心して下さい

それ、宅急便枠です。

 

確かに上記にあげるような新サービスもはじまり

いまや一億総スマホアプリ世代かも知れません。

 

町ですれ違った人が

実は自分の御客様であったり

自分が買ってあげた人だったり

 

見えない繋がりがより多くなっています。

 

実はうちの家族がハンドメイド作品を

ヤフオクやメルカリで販売しておりまして

ほとんど定形外郵便での発送だったのですが

 

郵便局の方と色々お話をして

年間で◯◯◯個だったら

契約料金に出来ますよ!と言うことでお願いしました。

 

知り合いにも昨年契約をした人がいたのですが

(その人はウチよりも発送見込みが多かったです)

趣味の域を超えている方は絶対に交渉おすすめします。

 

おすすめの理由

  1. 60 80サイズの価格が同一(うちの場合はね)
  2. 発送料金が割引になる
  3. 集荷も来てくださります♪
  4. 売掛の引き落としになります。

年間100個以上の発送になる場合、

1つの商品の送料が仮に100円安くなると

100円×100個で 10,000円も節約です。

 

——————————————

 

ヤマト運輸もですね、

あまり一般的では無いらしいのですが

ヤマト便と言う大型商品発送に役立つ

オトクなサービスもありますので是非どうぞ♪

ネットでお金が稼げる事を体感する。

ネットビジネスでは

「小さな成功体験」

という話が出ます。

 

 

実はコレ、ビジネスだけに限らず

子供の教育にも役立つお話なのですが、

 

まだ成し遂げていない大きな目標に対して

まずは小さいところから成功を体感させる

成功できる喜びを身をもって学ぶ

という事なんですけれど

 

このネットビジネスで王道中の王道、

ヤフオクから始めるのが一番良いとされております。

 

最近だとメルカリ等も

学生や主婦のお小遣い稼ぎで

大変人気では御座いますが、

 

テクニックや発送の勉強をするのにも

ヤフオクは後のネットビジネスへ

大変良い効能(?)があると思います。

 

※とか言いつつ、天下のヤフオク様も

 メルカリ等のフリマアプリに押されて

 フリマモードなんて言うのも始まりましたが・・・。

 

ヤフオクで学べること一覧

  1. 写真の最適化 (商品の大きさや見せ方、太陽光の有難味)
  2. 終了時間の調整 (何曜日の何時が売れるのかテスト)
  3. 広告費 (費用対効果があれば上位表示させる)
  4. 不用品を出品 (捨てる神あれば拾う神ありを知る)
  5. 梱包が上手くなる (さらに郵便局とコンビニが近いと楽)
  6. 送料が色々あって勉強になる (クリックポストとかも大変オトク)
  7. お金の流れが分かる

もっとあるかも知れませんけど、

思いついたものを書いてみました。

 

家にある不用品を最低でも50品

1週間以内に出品しましょう。

 

ヤフオクがアカウントがない人は

スグに作って下さい。

(カードと銀行口座を必須です)

 

出品に関しては

また別ページで御案内致します。

 

まずは50品出品する準備、

出品リストを作成しましょう!